学生時代のいい加減なケアが原因

ニキビ跡

高校生のときには、運動部に所属していたため部活帰りにお腹が空くと、みんなでコンビニによっておやつを食べたり、成長期でお腹がすいて、三食のご飯にプラスアルファで甘いものを食べることが習慣になっていました。

 

年齢的にも皮脂が出やすいのに、さらに脂肪分の多いものを好んで食べていたので、ニキビができやすくなってしまっていました。

 

当時はまだ10代だったので、それほど将来のお肌のことなどきにすることもなく、特別なスキンケアなどもしていませんでした。

 

さらに日焼けに対しても適当で、外で部活をしているなら日焼けなんか当たり前だと思っていて、UV対策をすることもほとんどありませんでした。

 

そのため、ニキビの炎症が残って赤い跡が残っているところに、さらに日焼けがプラスされて赤みと黒っぽいシミのような跡が残ってしまっていたのです。

 

結局大人になるまで綺麗な肌に戻ることはなく、メイクで隠し続ける日々でした。

 

その後、結婚するまでは仕事をしていて、仕事柄忙しい時には残業が深夜にまでかかる時があり、寝る時間もわずかという時がありました。

 

ストレスや睡眠不足がかさなったせいで、ニキビがまたでき始めるようになり、学生時代のニキビ跡がさらに悪化していくという悪循環になっていきました。

 

そして、子どもが二人生まれてしばらくして少し時間に余裕のある今の年齢になって、慌てふためいて綺麗な肌になろうともがいてるわけであります。

 

今はさすがにニキビそのものができることはありませんが、ニキビ跡がシミのようになってしまっている部分もあるような状態です。


ニキビ跡の改善で必要なことは1つではありません

スキンケア

高校生のときには、まったくニキビについての情報がわからず、何が正しい処置法なのか、母にたずねるだけで、知識もなくただニキビができては困っていただけでした。

 

ようやく今となって、スキンケアについての知識も少しはついてきたので、どうすればいいのか理解できるようになってきました。

 

ニキビ跡というのはを色々な要素が重なっているために、改善するために必要なことは1つではありません。

 

具体的に言うと、スキンケアでは洗顔と保湿、そして生活面だと食事、睡眠が重要だと思います。

 

洗顔はなんでもいいやと投げやりになるのではなく、やはり自分に合ったものを探して、きっちり使うのが一番だと思います。

 

洗顔した時につっぱらない、肌にしみない、痛くないなどを確認することも大切です。

 

なぜなら、ニキビ跡が残るのは多くの場合、肌の新陳代謝が衰えていることが絡んでいるため、洗顔によって刺激を与えてしまうと、さらに新陳代謝を悪化させてしまうため、避けるべきなのです。

 

また、保湿は化粧水をしっかりつけるだけでなく、肌のバリア機能を回復させるために新陳代謝を促進する効果が期待できる成分が配合されているものがいいでしょう。

 

おすすめの化粧水はコチラ ニキビ跡の色素沈着を改善するおすすめ化粧水はコレ!

 

スキンケアをするときも叩いたり摩擦をしたりしないように優しくケアすることも大事なことです。

 

もし症状がひどいのであれば、症状に合わせて美容液なども使った方がいいでしょう。

 

赤みがひどいようならビタミンC誘導体、黒くなったシミがひどいならハイドロキノンを配合した美容液がおすすめです。

 

また、食事面では緑黄色野菜をたっぷりと食べることです。

 

良質なたんぱく質とともに好き嫌いなく偏らず食べます。三食きっちりと食べます。

 

ビタミン類をたっぷりと摂ることで、皮脂の分泌量をコントロールしたり、炎症の原因となる活性酸素を軽減してくれる効果が期待できるからです。

 

また、よく言われることですが、肌は睡眠中に古いものと新しいものを入れ替える作業をするため、しっかりと自分にあっ睡眠時間を確保することが必要だと思います。


総合的なケアが大事

洗顔

仕事が本当に忙しい時は、睡眠不足も続き、お通じも10日ないことも当たり前で、それはニキビも治らないはずでした。

 

今は子育ても落ち着いたので、洗顔料や基礎化粧品を見直し、食事も必ず毎回緑黄野菜を食べることに気をつけて、睡眠不足であってもできるだけお昼頃の子供が帰ってくる前に10分くらいテーブルで軽く眠るようにすることで、自然とニキビも少なくなりました。

 

基礎化粧品も自分に合ったものを探し続けて、ようやく見つけて、他のものは一切買わなくなりました。

 

やはりニキビ跡を治すにはいろいろな効果が必要で、新陳代謝を整えること、炎症を抑えること、さらには美白効果など複数の効果が期待できるものを選んだことが良かったのだと思います。

 

色々な効果が期待できる基礎化粧品は少しお値段が高いですが、美容皮膚科で施術をすることを考えれば安いものなので、価格は気にせず効果を実感できるものを厳選して使っています。

 

ニキビ跡対策にももちろんシミ対策にもなり、ニキビ跡で赤黒くなっていた皮膚は若いころよりも綺麗になってきたと思います。

 

ニキビ跡のような色々な要因によって起こる肌トラブルの対策は、肌の総合的な力を回復させることにもつながるので、症状について正しく理解をして、適切なケアを選べるようにしっかりとした知識を持つことも大切だと思います。